幸せに生きるためのヒント

自分に自信がなくなったときの抜け出し方

先日、面談カウンセリングが終わった後に、こんな会話になったんです。

「これ、森川さんに!」

「お〜、ありがとうございます!」

「森川さんっぽいなと思って」

「え〜、なんだろ。開けていいですか?」

「うん」

ガサゴソと梱包を開けると。

。。。

「森川さんっぽくないですか?(笑)」

「う、うん、いいのだよ」

自己イメージと他己イメージ

心理学の世界では、「自己イメージと他己イメージ」という概念があります。

自己イメージは、自分が考える自分の姿。

他己イメージは、他人が考える自分の姿。

本来の自分の姿は、自己イメージよりも他己イメージの方が近いという説があったりします。

自己イメージは自己嫌悪のフィルターを通して自分を見るから、どうしても辛口な採点になってしまう。

例えばね。

自分に自信がなくなったとき。

「自分には魅力なんてないんじゃないか」って思うとき。

「自分って最悪だな」って思うとき。

それは自己イメージがボロボロの状態。

その状態から抜け出す上で大切なことは。

他己イメージを信頼してみる。

カウンセラーからあなたの良い部分をいっぱい伝えてもらってもいいし。

仲の良い友達や同僚に伝えてもらってもいい。

「最近、私自信がなくて。私の良い部分教えてもらってもいいかな?」

そんな風に聞いてみる。

かなり勇気がいるけど。

もし良かったら、試してくださいね〜。

ネット予約はこちら