魅力アップ術

短期間ですごく美しくなった女性の秘密

カウンセリングをしていると、短期間でものすごく美しくなっていく女性のお客さまがいます。

心理的に、自分が女性であることに許可が下りていってたり、「自分は自分でいいんだ〜!」と思えるようになると、あっという間に外見が変わっていくんです。

変わる人はホントに変わります。

女性が美しくなっていく姿を見ることは、私が大好きな瞬間の1つです。

単純にめちゃくちゃ嬉しい気持ちになります。

この3ヶ月ですっごく美しくなったお客さまから、メッセージをいただけたので掲載したいと思います〜。

森川さん

カウンセリングありがとうございました!
気が向いたので(笑)この2回くらいで森川さんのアドバイスを素直に聞いて、自分がだいぶ気楽になった話をお送りします。

何回めかのカウンセリングで、森川さんに「パーソナルスタイリストを使ってみたらいいと思いますよ」というようなアドバイスをいただきました。

私は自分の服装にイマイチ自信がなかったですし、背中を押される形で、パーソナルスタイリングのサービスをググって申し込みました。
結果としては、これがいい、と思える格好で毎日いられるようになり気分が楽になりました。

「流行は全部追わなくていい、似合わない流行は捨てていい」
「体型にあった格好をすれば、心身ともに楽」
「無理しない。ヒール履かなくていい。苦手なふんわりスカートも履かなくていい。」

おしゃれが楽しい状態(以前は毎日「この格好は正解?不正解?」とばかり思っていたのです)で、次のカウンセリングで森川さんにお会いしたら、激賞してくださったんです、「すごく良くなってます」って!

さらに「メイクもきっともっと良くなるんじゃないか」とおっしゃられたので、また素直に(笑)メイクレッスンに行きました。
特に奥二重でアイライン引くのが超苦手だったのですが、レッスンをしてくださった方から、

「アイラインは必ずしも端から端まで引く必要はない 目尻よりだけでもいい」
「みんながみんなデカ目を目指す必要はない」
「眉毛がしっかりしてるからそこを活かしましょう」

というようなアドバイスをいただきました。
あれ、パーソナルスタイリストさんからのアドバイスと言わんとしてることはなんとなく似てるな、と気がつきました。

雑誌やwebや、各種メディアで流行とかこれが正解、みたいな情報はいくらでも得られるけど、それが自分にフィットしてるとは限らない。
自分に合うスタイルを見つけることが自分に自信を与えてくれて、それこそがおしゃれやメイクの醍醐味だったのです。

思えば、女性らしさ、という概念がこれまでの人生の中で制限されてきて、こういう格好はフェミニンじゃない(だからダメ)とか、ヒールを履く気になれない自分は女性としてダメだと思われてるんじゃないか、とまで思っていたのですが、自分が着ていてパワーを得られたり、気楽でいられたりするスタイルを見つけられたら、どうでも良くなってしまいました。

さらにお得だったのは、無駄な買い物しなくなったこと!似合わないと思いつつ流行ってるし。。。と思って買って結局着ない、ということがなくなりました。

さて、メイクレッスン後初のカウンセリングで、森川さんはまた激賞してくださいました。
「すごく良くなってる!」 正直、ほめられるの超こそばゆいですが、森川さんのアドバイスは素直に聞いて実行して良かったです。

森川さんが、「あなたのこの経験はいろいろな方の希望になる」とまで言ってくださったので、書いてみました。
誰かの力になれれば、うれしいです。

素晴らしい!

素晴らしい!

素晴らしい!

ウザいくらいに連呼してみました(笑)

いや〜、本当に素晴らしいです。

まず、アドバイスをすぐ実行に移す軽やかさが素晴らしい!

これって、なかなかできないことですよね。

今までの自分の人生のパターンを変えることって、心理的に抵抗が出るものなんです。

だから、やった方がいいと頭でわかっていても、人はなかなか実行に移せなかったりします。

そこがすごいな〜。

ここ最近の◯◯さんは、青山のオシャレな美容師さんみたいな雰囲気で、とっても素敵です。

女性らしさのワナ

思えば、女性らしさ、という概念がこれまでの人生の中で制限されてきて、こういう格好はフェミニンじゃない(だからダメ)とか、ヒールを履く気になれない自分は女性としてダメだと思われてるんじゃないか、とまで思っていたのですが、

そうなんですよね。

私の妻も以前よく言っていました。

「自分が女性らしくするということは、ふんわりスカートをはかなくてはいけない気がして、それはイヤだ。」

女性らしさ=ふんわりスカート、ヒール、ピンク系の色、巻き髪

みたいなイメージが、私たちにはあるのかもしれません。

もちろん、それが似合う女性はそれでいいと思うのですが、そっち系じゃない女性もたくさんいますよね。

自分らしく、美しくいることの心地良さ

自分に合うスタイルを見つけることが自分に自信を与えてくれて、それこそがおしゃれやメイクの醍醐味だったのです。

だからこそ、この気づきは大きいですよね。

自分が自分らしく、心地良くいること。

自分を大切に扱ってあげること。

そんなことを心がけるだけで、人はどんどん美しくなっていきます。

今回は特に、◯◯さんがご自身にあったスタイリストさんとメイクさんに出会えたのも大きかったですね。

心理学の言葉で、「自分の良さは自分では気づきにくい」というものがあります。

だからこそ、スタイリストさんやメイクさんに◯◯さんの良さを見つけてもらったのは、本当に良かったと思います。

◯◯さんのこのエピソードは、「夢があっていいな〜」と思うんです。

誰でもすぐ実行できることだし。

もし良かったら、みなさんも試してみてくださいね。

最高に素敵なメール、ありがとうございました!

ネット予約はこちら